FC2ブログ

もがみやさんで


綾まま

浅草観音裏の海鮮料理「もがみや」さんで、
当社の「かんじんちょう」を取り扱っていただいています。
常連さんの飲みすぎと健康を気遣ってくださる女将さんです。

かんじんちょう1




もがみや料理1

絶品赤貝!!



もがみや料理2

谷中しょうがの豚肉巻きと、牛肉のたたき!!
超おいしいです!!

モンブランみきちゃん

みきちゃん半分大

プロボクサーのモンブランみきちゃんが、かんじんちょうを愛用してくれています。
日本酒大好き女子だそうです。

サイドホールカテーテル「リキシ」

この度、サイドホールカテーテル「リキシ」の薬事承認がおりました。


RIKISHI_H3K2表紙


サイドホールカテーテル仕様書
サイドホールカテーテル2

スタイレット小

ダイレーターと固定スリーブ

ピールオフシース4Fr


側孔部拡大

仕様書詳細

SFA CTO に対するEVTアプローチの課題


 <対側クロスオーバー>
対側クロスオーバー図
・ガイドワイヤーの操作性が悪い
・デバイス挿入の際に十分なバックアップが得られない
・アプローチ距離が長い。
・屈曲部で 推進力が分散し、力が病変部に十分に伝わらない。

 <同側順行性>
同側巡行性1
同側順行性2

・穿刺が比較的難しい
・SFAへのガイドワイヤーの挿入が難しい

弱い貫通力図
病変部よりガイドワイヤーの押す力が撥ね返され、力が分散し貫通力が弱くなる。

       イラスト提供元:同愛記念病院 高橋保裕医師


SFA治療に求められるアプローチ デバイス

           下向き矢印
 
  ・ガイドワイヤーの操作性が良好
  ・デバイス挿入の際に十分なバックアップが得られる
  ・穿刺が容易
  ・SFAへのガイドワイヤーの挿入が容易



サイドホールカテーテルによるアプローチ

  ・ガイドワイヤーの操作性が良好
  ・デバイス挿入の際に十分なバックアップが得られる
  ・穿刺が容易
  ・SFAへのガイドワイヤーの挿入が容易
>

サイドホールカテーテルによるアプローチ

カテーテル先端は、DFAへ挿入される → 挿入が容易

SFAの病変へのデバイス挿入はサイドホールを通して行われる
 → SFAへのガイドワイヤーの挿入が容易
 → SFAへのデバイス挿入の際に強いバックアップが得られる。



側孔による強力なバックアップ力


側孔によるバックアップ図     
イラスト提供元:同愛記念病院 高橋保裕医師

カテーテルが反発力を受け止め、側孔部で力の分散が抑えられるため、
強いバックアップと貫通力が得られる。


薬事・価格情報


薬事・価格情報

チアシード

社長が、昨年秋のドイツメディカのついでにクロアチアに行ってきました。
お土産にチアシードのどでかい袋をもらったので、ちょっとチアシードについて、調べてみました。



チアシード(Chia Seed)とは、チアという植物の種のこと。栄養価が高く、オメガ3,6,9全てを含んでいます。特にオメガ3脂肪酸は、体内では作れない必須脂肪酸で、不足すると、高血圧、動脈硬化、コレステロール値の上昇などを招きかねないのです。チアシードなら大匙1杯分で1日分の量を摂取できる程で、スーパーフードといわれるゆえんです。しかし摂取する上でいくつか気を付けたいことがあり、一つは、食べる前に約12時間ほど水に浸し発芽毒を除去するということ。もう一つはあまりたくさん食べすぎないこと。ウィキペディアでは、オメガ3の1日当たりの必要量は2g程度、男性は前立腺がんリスクのためαリノレン酸の過剰摂取は注意すべきとありました。また、熱に弱いのでホットよりはアイスがいいと思います。

私は、水に浸しておいたものに3:1くらいの割合でダイエット酢を加えて飲んでいます。
飲みやすいしおいしいです。ダイエット酢も水だけで割るよりプチプチしたトロミ成分が飲む意欲を増してくれます。

また、吸水性が高いので、目や鼻に入ると危険だなと思いました。 この時期静電気も起こりやすく、小さい種が服や皮膚に付着しやすく、ふとしたことで、吸い込んでしまわないように気を付けたいと思います。



医療物品管理システム「医材ベース」

バーコードとスマホ
病院とディーラ間の受発注業務・使用医材管理・在庫管理の業務管理を網羅しています。20年に及ぶ業務ノウハウの蓄積。簡易に正確な物品管理が可能。

業務内容
①受注・発注・入庫・納品管理 ②使用物品・使用補充品の発注・入庫管理 ③レセプト用医療材料報告書 ④出荷票・納品請求書の作成 ⑤棚卸管理 ⑥データベース管理

端末通信
スマホ端末とのデーター通信可能(出先での受発注業務・使用物品登録・棚卸業務がバーコードで簡易に可能)

画面例 ① 使用物品の登録、報告書の作成

画面例1

画面例 ② 使用物品の登録、使用補充発注(仕入先毎自動作成)、補充品入荷画面

画面例2

画面例 ③ データベース画面

画面例3