fc2ブログ

サイドホールメーカー「穴あけ君」6F

「穴あけ君」によるサイドホールの作り方

穴あけ君3個入り
・ 未滅菌品なので、使用前に洗浄・滅菌してお使い下さい。

・ シース(通常は長さ25cm)を「穴あけ君」に差し込みます。
IMG_1719_convert_20131224150629.jpg

・ 穴を開けたい位置までシースを差し込み、ダイレーターを抜きます。

・ サイドホール作成部位は、シース先端から 5-7cm 程度が適当です。
 (深大腿動脈が事前に把握できていれば、その長さに合わせます。)

・ サイドホールとシースのヒゲの位置関係は浅大腿動脈入口部の方向をサイド 
  ホールが向いた時にヒゲがどの位置になるかを考慮し決定します。

・ フェザーを用いて溝の形状に刃を沿わせながら削ります。
一方向での切削で削り残した部位があれば反対側からも切削します。
フェザー_convert_20131224151736
IMG_1720_convert_20131224150812.jpg

・ シースの削りカスが、シース内に残らないように注意して下さい。
IMG_1729_convert_20131224151335.jpg


シース内の削りカスなどを生理食塩水などで完全に洗い流します。


サイドホールシース使用上の注意

① シース付属のガイドワイヤーをできるだけ太く、長い深大腿動脈の枝に挿入します。

② サイドホールシースをサイドホール位置が浅大腿動脈入口レベルを超えるように深大腿動脈に挿入します。

③ サイドホールの位置はダイレーターを抜いた状態でサイドホールが接線方向(放射線に対してサイドホール向きが垂直) に向くとシース外側線の不透過部分が一部欠損している部分として観察することができます。

図1
図-1

④ サイドホール部位を浅大腿動脈の入口レベルまで引き抜きます。

⑤ サイドホール部位を浅大腿動脈入口方向へ回転させます。
※サイドホール部位のシースの強度は弱くなっているためシースを固定した状態で回転させる場合は透視で確認しながらゆっくり回転させます。通常は④のシースを引き抜く時に同時に回転させ、シースの深さと向きを決定することでキンクのリスクが少なくなります。

⑥ サイドホールを通してガイドワイヤーや子カテを使用し、閉塞部通過を試みます。

⑦ 手技中はガイドイヤーによる閉塞部への穿通程度であればシースが抜け、サイドホール部位が血管外へ逸脱することは殆ど有りませんが、ステントやバルーン等のデバイスが病変通過し難い場合にはシースが抜けないように注意することが必要です。

皮下出血に注意!   
皮下出血に注意
キンクの図

アプローチイメージ図
アプローチイメージ図


サイドホールによりシースがバックアップとなり、狭窄部へデバイスの貫通力が分散なく伝わります。
狭窄病変

*血管形状は、解説の為のイメージ図です。実際と違います。





本年度もどうぞよろしくお願い致します

皆さん、明けましておめでとうございます。
年末年始をいかがお過ごしでしょうか。
今年は、午年ですね。
皆さんにとって実りの多い1年でありますよう
お祈り申し上げます。

本年度も何卒よろしくお願い致します。

株式会社カテラ 一同

IMG_2033_convert_20140213135309.jpg





ブログを開設しました。

この度、ブログを開設しました。

カテラの最新の情報を掲載しております。
多くの医療関係の方々に是非ご覧いただけるよう
多様な情報を提供させていただきます。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

口腔ケアのイメージキャラクターにモラモラくんが商標登録されました

海のお医者さん、モラモラくん

モラモラくんは、口腔ケアのイメージキャラクターです。

モラモラ(Mola mola)は、英語でマンボウを意味します。マンボウは、海のお医者さんといわれている魚で、自分自身を治癒する能力がある魚です。自分の体が弱ったときに体液を分泌し、自らを治癒するだけではなく、周りの魚たちも治癒するといわれています。そのため、マンボウの周りには、弱った魚たちがたくさん集まり、マンボウの体に近づいて癒してもらうのです。このようなことから、マンボウは海のお医者さんといわれているそうです。

天然成分の治癒力をマンボウにたとえ、モラモラくんというネーミングをイメージキャラクターとして採用しました。


モラモラくん1小

TAITOビジネス交流フェスタ2012に参加しました

歯周病予防プロジェクトにより開発されたナイトケアマウスピース(乳酸菌デリバリー型)のプロモーションの為、台東区役所で行われましたTAITOビジネス交流フェスタ2012に参加しました。

DSC00931_convert_20130530122733.jpg

台東区の中小企業が多く参加し、会場は、各社が開発した商品PRの熱に包まれました。株式会社カテラは、今回が初参加。少々緊張していましたが、上手く商品のPRができたと思います。そして、他社の多くが、ナイトケアマウスピースに興味を示してくださいました。中には、睡眠中の歯ぎしりが強い為、すぐに購入したいとおっしゃる方もいるくらいの人気商品ぶりでした。

DSC00929_convert_20130530122534.jpg

台東区内の中小企業の方々との交流、そして、情報交換ができ、とてもよい経験となりました。

ナイトケアマウスピースは、唾液の分泌を促進し、唾液による抗菌・洗浄作用を助けます。